MivaTek(ミヴァテック)

MivaTek(ミヴァテック)セコムを取り入れたいけど月々の料金がどうしても気になる方や経済的に無理という方にはMivaTek(ミヴァテック)を採用するという選択もアリです。

MivaTek(ミヴァテック)は自宅のドアや窓にセンサーを設置して、異変があれば手持ちのスマホに通報してくれるホームセキュリティ商品です。

MivaTek(ミヴァテック)の大きな特徴は売り切りで月々のランニングコストがかからないということ。

特に女性の一人暮らしにわざわざセコムを導入するのも負担が大きすぎることもあるでしょう。

セコムで機材を買い取りしてもランニングコストは最低4500円
がかかってしまいますからこちらの商品はお得感がありますよ。

またセコム機材も家の規模次第では数10万~
100万円以上かかってしまうこともあるんですよ。

ここはちょっと考えてもらって自分に合った方法を選ぶのも賢い選択かもしれません。

【MivaTek】(ミヴァテック)の詳細はこちら⇒

セコムと違いは警備員が急行することが無いだけ

MivaTek(ミヴァテック)が凄いのは性能がセコムと殆ど違いが無いこと。

我が家ではこれまで数回セコムの警備員が飛んできましたが、
センサーが強風に反応したり子供たちが操作を間違ってしまったり等、
これといって危険なことに遭遇したことはありません。

そう考えるとセコムを導入しているのは犯罪の抑止になっているだけかな?
って感じがしているんです。

なので初めて導入するならMivaTek(ミヴァテック)
の方が良かったような気がするんですよね。

もちろん結果論ですから簡単には判断できませんが、
MivaTek(ミヴァテック)を導入しても5~7万円で済んでしまいますから、
経済的に負担がかからないと思うんですよ。

MivaTek(ミヴァテック)は使い方いろいろ

MivaTek(ミヴァテック)は、セコムを採用している私から言えば
使い方次第でセコムよりも優れている点が幾つもあるのです。

たとえばペットを飼っている家庭では、やむをえずペットを残したまま
家族全員で出かけようとするとセコムをセットしておくとペットがセンサー
に反応するかもしれないということ。

また、小さな子供に留守番を頼むときでもとりあえずはカギをかけて出かけますよね。

しかしセコムをセットすると子供が動き回ったりすればセンサーに反応してしまいます。

こうしたことは自分の目で判断できれば問題ないですよね。

MivaTek(ミヴァテック)なら家庭で起こっている事を
リアルタイムで見ることができるので安心できるんですよ。

またストーカーや空き巣被害など、自分の家庭に
起きている異変を確認することもできますよ。

もしそこで何らかの異変を感じた時だけ119番や110番に
通報すればいいのですからセコムより優れているような気がします。

【MivaTek】(ミヴァテック)の公式サイトはこちら⇒

サブコンテンツ

このページの先頭へ